CakePHPのエラーハンドラはデフォルトでは ErrorHandler クラスが適用されます。PHPのエラー定数を内部の振る舞いとどのように関連づけるかを ErrorHandler::mapErrorCode で行っていて、 v2.2.3 現在では以下の通り。

エラー定数 CakePHPでのラべリング syslog定数
  • E_PARSE
  • E_ERROR
  • E_CORE_ERROR
  • E_COMPILE_ERROR
  • E_USER_ERROR
Fatal Error LOG_ERR
  • E_WARINING
  • E_USER_WARNING
  • E_COMPILE_WARNING
  • E_RECOVERABLE_ERROR
Warning LOG_WARNING
  • E_NOTICE
  • E_USER_NOTICE
Notice LOG_NOTICE
  • E_STRICT
Strict
  • E_DEPRECATED
  • E_USER_DEPRECATED
Deprecated
 なし なし  LOG_EMERG, LOG_ALERT, LOG_CRIT, LOG_INFO, LOG_DEBUG

例えば、 E_DEPRECATED のログを読みたいと思ったら、LOG_NOTICE に対応したファイルに書き込まれているのでそれを読む。