インストール作業ってそんなにしょっちゅうはないのでなかなかきちっと覚えられないので、そのたびに「どこを調べればいいのか」を調べてます。それも面倒なので自分用メモ。

インストール

これは XAMPP の公式ページに行けばインストーラをダウンロードできるので、それを落として実行。

好きな場所で開発=ドキュメントルート変更

好きな場所で開発するためには、インストール後にドキュメントルートを変更する。ドキュメントルートを変更するための方法の一つとして xampp の設定ファイルを変更する方法がある。

ドキュメントルートの変更=httpd.conf の変更

そのためには httpd.conf という設定ファイルを編集すればOK。
/xampp/apache/conf/httpd.conf を開いて以下の箇所を変更する

この場所を⇒ ⇒こう変更する
DocumentRoot “C:/xampp/htdocs”
※C:\xampp にインストールした場合。インストール場所によって /xampp までのパスは変わる。
DocumentRoot “作業したいディレクトリ(の先頭)”
※たとえば D:\webroot という場所で作業したい場合は
DocumentRoot “D:/webroot”
にすればOK
<Directory “C:/xampp/htdocs”>から始まるブロックを見つける

<Directory "C:/xampp/htdocs">
    # コメント・・・
    Options Indexes FollowSymLinks Includes ExecCGI

    # コメント・・・

    AllowOverride All
    # コメント・・・
    Order allow,deny
    Allow from all
</Directory>
ブロックの先頭を上記と同じく
<Directory “作業したいディレクトリ”>
とする。
例えば
<Directory “D:/webroot”>
とする。 

xamppトップページのアクセスを再設定=httpd-xampp.conf の変更

そしてさらにおまけのようなものですが、 xampp のページを開けられるように httpd-xampp.conf の編集をすれば、デフォルトのインストール時に http://localhost/ でアクセスできる xampp のトップページを http://localhost/xampp/ からアクセスできるようになります。
/xampp/apache/conf/extra/httpd-xampp.conf を開いて以下の箇所を変更する

この場所を⇒ ⇒こう変更する
<Directory “C:/xampp/htdocs/xampp”>から始まるブロックを見つける

 <Directory "C:/xampp/htdocs/xampp">
    <IfModule php5_module>
        <Files "status.php">
            php_admin_flag safe_mode off
        </Files>
    </IfModule>
    AllowOverride AuthConfig
</Directory>
  1. このブロックの上に
    Alias /xampp “C:/xampp/htdocs/xampp/”
    の1行を追加
  2. このブロック内部の最後(</directory> の上)を
    AllowOverride AuthConfig
    Order allow,deny
    Allow from all
    に変更する。
    (もともと何もない場合は書き加える。AllowOverride AuthConfig などの記述があれば、それを置き換える。<IfModule php5_module>~</IfModule>などの内部ブロックは変更しない。)
    ほとんどは間違うことはないと思いますが、私は以前
    Order allow,deny
    のところを
    Order allow, deny
    と、間にスペースを入れたことが原因で動作しませんでした。